証券CFDの注文方法

証券CFD取引110>証券CFDの注文方法


証券CFD注文方法は、主に以下の5つの方法があります。この注文方法を使い分けることによって、証券CFDのリスクを上手く抑えることができますので、よく理解しておくことをおすすめします。

だだし証券会社によっては、以下の注文方法が全て用意されていない場合もありますので、証券会社のサイト上でご確認ください。

成行(なりゆき)注文

証券会社で注文を受付けた時点の、証券CFDの価格で売買できます。成行注文の場合は、必ず売買が成立しますので、 希望の銘柄を必ず売りたいときや買いたいときに、利用するとよいでしょう。

ただし、価格の変動が大きい証券CFDでは、注文のタイミングによっては、予想外の価格で売買が成立することもありますので、注意が必要です。

指値注文

証券CFDの売買の価格を、指定して行う注文のことです。今の価格よりも高く売りたいときや、安く買いたいときに利用します。

例えば、
1)今1500円の銘柄を、1600円で売りたいとき(売り注文)
2)今2000円の銘柄を、1800円で買いたいとき(買い注文)
などは、指値注文をします。

指値注文は、希望の価格にならないときは、当然のことながら売買は成立しませんので、価格の設定が工夫のしどころです。

逆指値注文

これは、今の証券CFDの価格よりも、安くなったときに売り、高くなったときに買う注文のことです。ちょうど指値注文と逆の方法です。
具体的な逆指値注文には、

1)売り注文

予想に反して証券CFDの価格が下落したときに、損失をそれ以上大きくしないために、損を承知で売ることです。この方法は、損切りとか、ロスカットと呼ばれています。

例えば、今2500円の証券CFDが、2200円に下落したときに自動的に売り注文を出す場合。

2)買い注文

将来的な株価の上昇がかなり期待できるときに、設定した価格を超えたときに買い注文を入れる方法です。

例えば、営業利益が大きく伸び、新しい技術を開発した○○○株式会社の株価上昇を予想している場合です。 ある程度、株価の上昇傾向があった時だけ買いたい場合。

IFD(イフダン)注文

買い注文と売り注文の両方を、一度にできる注文方法です。

例えば、今3600円の証券CFDを3400円で買い、それが3800円になったら売るという方法。あるいは3400円で買い、下落したときのリスクを考えて、3100円になった場合に売るという方法です。

つまり、前者は利益重視で、後者はリスク回避を重視した注文方法です。このIFD注文は、会社員やOLの方など、 取引時間帯に時間が取れない人には、利用価値が高いといえます。

OCO注文

2つの注文を同時にしておいて、一方の注文が成立したら、もう一方の注文をキャンセルする方法です。
具体的なOCO注文方法には、

1)保有している証券CFDの利益確保

今、保有している証券CFDの価格が850円で、価格が上昇して880円になった場合に売り注文(指値)をだします。

逆に下落して830円になったときにも、売り注文(逆指値)をだします。この2つの注文が一度にできます。

2)市場の動向で売買を決める

今、○○社の証券CFDが3200円で、3250円になったら新規買い注文(逆指値)をだし、逆に3100円になったら、 新規売り注文(逆指値)をだします。この2つの注文が一度にできます。

これは上記で紹介した、指値注文と逆指値注文の組み合わせで、証券CFDの価格が大きく変動した場合でも、 自動的に対応できる強みがあります。会社員やOLの方などにも、おすすめの注文方法です。

次ページ → 証券CFD取引の手数料