CFD取引と株取引の違い

証券CFD取引110>CFD取引と株取引の違い


CFD取引と一般の株取引を比較した場合、いくつかの違いがありますが、その中でも大きく異なっているのが、「相対取引」と「証拠金取引」の2つです。

この2つは、CFD取引のメリットでもあり、逆にリスクともいえるものです。
では、相対取引と証拠金取引とは、具体的にどのようなことなのでしょうか?

相対取引

CFDの相対取引とは、投資家が直接CFD業者との間で、株式などを売買することを契約して、資金をやり取りすることをいいます。

このとき、単に売買の契約を結ぶだけで、株券などの現物を取引するわけではありません。

例えば、A社の株をCFDで取引する場合は、CFD業者が証券市場の価格を元にして決めた価格で、売買の契約を結ぶことになります。

仮に、A社の株が証券市場で500円の株価であれば、CFD業者から買う場合は505円で、逆に売る場合は495円というようになります。

CFD取引では市場価格とは多少違いがあり、CFD業者が決めた価格を、承知した上での売買となります。

(ちなみに、業者の売り値と買い値の価格差をスプレッドと呼び、投資家からみるとスプレッド差が小さいほうが、利益が出やすくなります。)

CFDは相対取引のため、業者が売買価格を決めることによって、株式だけでなく、株価指数や商品先物、国債、外貨など様々なものを、投資の対象にできます。

つまり、市場で価格がついていれば、どんな金融商品でもCFDとして、取引できるようになるわけです。

一方、株取引の場合は、まず証券会社経由で、市場で実際に扱われている現物の株を、売買することになります。

証券会社の役割は、あくまで投資家と市場の仲介であって、投資家と証券会社との直接の取引にはなりません。

証拠金取引

CFDの証拠金取引とは、証拠金(保証金)を、CFDの業者に預けることによって、預けた証拠金の何倍ものCFD取引が、可能になることです。

手持ちの資金が小額であっても、いろいろな金融商品が取引でき、大きな利益を出すことができます。

一般の株取引では、手持ちの資金=取引の上限で、
数十万円の資金だけでは、売買する銘柄が限られ、思ったような株取引ができなのが現状です。

自由に株取引する場合は、まず手持ち資金として数百万円ほど必要になります。ところが、CFDでは証拠金の1倍〜200倍の取引が可能になります。

例えば、40万円の手持ち資金で、レバレッジ20倍のCFD取引の場合、
株価20万円の、A社の株式をCFD取引を利用して、
40万円×20倍=800万円売買することもできます。

そして、このA社の株価が5%上がっただけで、
(40万円×5%)×20倍=40万円の利益になります。

このように、小額の資金であっても、予想したとうりに株価が動けば、大きな利益になります。たとえ、わずかな株価の変動でもです。

もちろん、株価が予想に反して動いた場合は、大きな損害になる場合もありますので、そのときはすぐに損切りするなどの、リスク管理がとても大切になってきます。

次ページ → 取扱い銘柄|日経225